GW尾瀬遠征その2東北以北最高峰燧ケ岳へ (2019/05/03)

GW尾瀬遠征その2東北以北最高峰燧ケ岳へ (2019/05/03)

昨日は竜宮小屋に泊まり今日は燧ケ岳に行ってきます
龍宮小屋から見晴までは30分程、そこから山小屋群を抜けて登山道に入ります
山頂までは見晴新道という道で繋がっていてそこを通ります
この道は谷筋の旧ルートと谷の上にある新ルートがあり今回は新ルートで登って旧ルートで降りてきました。
ちなみに旧ルートは崩壊しているため雪が無い時期は通らない方が良いです

今回のルートはこんな感じ
燧ケ岳の 最高峰柴安嵓と三角点のある俎嵓に行ってまた竜宮小屋まで戻ってきます

日が昇る前、少し明るくなってきたら行動開始

朝の尾瀬の風景を眺めながら見晴までのんびり歩きます

見晴の山小屋群、テント場にもテントがいくつか張ってありました

山小屋を通り抜けて林の中へ、しばらくは平坦な道、トレースもいくつかあり

大分登ってきたところでようやく見晴らしが・・・樹林帯長すぎ!

至仏山が見えてきた、けどこの辺急坂過ぎる!斜度どんだけあるんだよ!
トレースも迷いに迷いまくってるし・・・
とりあえず地図を頼りに柴安嵓のほうへ

樹林帯を抜けた、1つだけあさっての方に向かうトレースがあったけど大丈夫だったのかな?
あ、この写真のトレースは全てハズレとなっています
このトレースについて行くとかなりとんでも無い事に・・・

遠くに富士山みたいな形の山があるけどあれが日光白根山かな?一番高そうだし

柴安嵓到着しました。雪も多いですが夏道も所々出てきています、夏道はアイゼン付けてると歩き辛いのよね・・・

昨日登った至仏山とひたすら歩いた尾瀬ヶ原、尾瀬の両雄踏破しました

このあたりの山の雪化粧はまだまだ落ちそうに無いですね

会津駒ケ岳かな?すごいいい形をした山です

三角点のある俎嵓、鞍部に降りる道はとても急、アイゼンとピッケルがあると簡単
しかしアイゼンもピッケルも無しで登る人もいます、小屋の人も言っていましたが不適切な装備で登る人が後を立たないから難しいって言われてると

三角点に着きました、俎嵓は少し狭いですね

山頂の祠

尾瀬沼と日光白根山、尾瀬沼はまだ雪の下ですね

俎嵓から見た柴安嵓、ここにまた登って下山します

下山は旧ルートで
谷の中をひたすら下って行きます、山頂に近い所は急坂になっているので滑り降りると時間短縮できます

途中で鹿の群れが居ました、10匹以上はいます、近づいたら逃げられてしまった

見晴に到着、ちょっと休憩してきます

山登った後の生ビールは最高!もう1杯!っといきたいですがさすがにお金が・・・

休憩終わり、また大雪原をひたすら歩きます

到着、今日もまた泊まります、時間的に鳩待峠まで行くことは可能なので泊まる必要は特に無かったかな、昨日の晩は星空バッチリだったし

部屋で夕日を眺めつつ今日は就寝、明日は山に登らず帰るだけ
たまにはこんなのんびりした時間も必要だな

登山日:2019年5月3日
天気:晴れ
装備:雪山装備+水分1L

本日の装備 (○:使用 ×:使用しなかった)


サウスリムパンツ

アクティブスキンタイツ

クール ロングスリーブジップシャツ

アクティブスキン ロングスリーブ


メリノスピンサーモ ジップネック

ドラウトクロージャケット

EXライトダウンジャケット

フロウラップ フーディ


ロング カフ グローブ

クリマプロ O.D.キャップ

SPD2サーモライト AS 660

グレイシャー


ピックスパイクプロテクション

クランポンバッグ

セラック プロ

トレースライン
×


Nepal Evo GTX

クロコゲイター

メリノウール・パイルソックス

ミュータント38


ワカンスタッフバッグ

EVO+カメラベルトホルダー

コインワレット

AMBIT3 PEAK


TIKKA