冬の安達太良山、1泊2日のんびり登山 (2019/12/28~2019/12/29)

冬の安達太良山、1泊2日のんびり登山 (2019/12/28~2019/12/29)

仕事納めも無事終了
飲み会もそうそうに切り上げて夜行バスで東北へ
今年最後の登山は安達太良山
途中くろがね小屋で一泊し温泉を堪能
次の日に爆裂火口と山頂へ
この時期天気は安定しないみたいだけどどうなることやら・・・?

【 山行データ】

2019年12月28日~2019年12月29日
安達太良山 1,699m
天気:
1日目:曇、雪
2日目:晴れ
【1日目】
10:35奥岳登山口→11:48勢至平分岐→12:11くろがね小屋
【 2日目】
06:42くろがね小屋→07:27 峰の辻→07:48爆裂火口展望地→08:18安達太良山山頂→09:31薬師岳→10:20奥岳登山口

カシミール3Dにて作成
Total distance: 13406 m
Total climbing: 1843 m
Total descent: -1843 m
Average speed: 0.97 m/s
Total time: 23:58:25
Download

夜行バスで郡山までやってきました。
ここからあだたら高原スキー場のシャトルバスに乗ります
シャトルバスはスキー客と登山客が半々くらい?
意外と多くの登山者が利用してるみたいです

シャトルバスに乗ってあだたら高原スキー場へやってきました
雪がまだ少ないからかスキー客はあまりいない?
まだ太陽が出ているうちに急いで出発します
夕方から雪っぽいのでそれまでにくろがね小屋にGO!

登山口
頑張って行こう!

安達太良山へ行く道とくろがね小屋に行く道との分岐
今日はくろがね小屋に行くので右へ

最初の橋の上からパシャり
水の流れと雪がいい感じ

雪道をひたすら登る
まだアイゼンもワカンも必要なし

途中少し開けた所から薬師岳が見えた
でも
その先の安達太良山は見えない・・・

峰の辻分岐
ここで↑に行くと小屋を素通りして安達太良山山頂方面へ
くろがね小屋はもうちょっとだけ→へ

氷漬けになった山
厳かな雰囲気が漂います

くろがね小屋到着
結局ここまでアイゼンやワカンは必要無かった
少し不安だな~って人はチェーンスパイクでOK!
今日はここで温泉三昧して明日に備えます

温泉は成分良し!
遊離硫化水素がもう少し多ければ個人的に完
お湯は適温で心地よかった!

湯舟はこんな感じ
まったく見えないですね!
頑張って入れば7~8人は入れそうです

お風呂上りはもちろんビール!
ビールを飲んだら夜ご飯までお昼寝

晩御飯はカレーでした、おかわりも出来ます
食べたらまた寝ます
夜行バスって本当にこたえますわ

朝ごはんは質素
卵は温泉卵
ここでつくったのかな?

ご飯を食べたら出発
昨日の天気が嘘のような良い天気!

山の上はまだ少し雲がかかってるけど登ってる間に取れるハズ

トレースがきれいさっぱり無くなって登り口すらわからなかった
トレースのない樹林帯を気を付けて登ります

樹林帯越えた?
振り返ると良い景色が・・・

上の雲はまだ取れませんね・・・
なかなかしつこいです
ちょっとペースを緩めて登っていこう

日が昇ってきて麗なモルゲンロートが現れました
ちょっと見とれていきましょう

木もまばらになってきてだだっ広い雪原に出てきました
トレースは・・・まったく見えません
自分の足跡だけが後ろに残ります
道は自分で切り開きます

雪に大分埋まります、深い所はひざ下あたりまで
ここだけはワカンの方が良かったかも・・・

雪と氷の芸術
樹氷はこの後もぐんぐん成長していくのかな?

ご来光!
ちょうど何もない所で見ることが出来た!

雪山で見る日の出はまた格別な趣があってイイ!

峰の辻到着!
くろがね小屋手前の分岐はここにつながります
道全然わかんないけどね!

峰の辻あたりからは風が強いからか雪が少なくなって少し歩きやすくなった
ここからは牛の背の方に向かいます

雪渓をトラバース中
絶景です
しかしこのルート、正しいのかな?雪渓の向こうに目印あるから正しいとは思うけど・・・

牛の背到着!
ってあわわわわ!
凄い暴風!
ニット帽飛ばされる!
ひとまず退却!
風が来ない所でニット帽とバラクラバを交換!

改めて牛の背到着!

退却した隙に雲が消えた
暴風だけど美しい景色!

これが安達太良山の爆裂火口!
凄い景色!

もう少し近づいて・・・
ヤバい、これ
絶景だ!!!

暴風のおかげでエビのしっぽもこんなに成長してる!

まさに雪と暴風の芸術!

どこを見ても絶景!
遠くを見ても近くを見ても良いカンジ!

この一際カッコいい山が磐梯山・・・かな?

右奥に見えるのが安達太良山
あそこまで稜線にそって歩いていきます

大分近づいてきた
あと少し!

風で雪が舞い踊る
あそこまでいったら・・・

安達太良山山頂(少し手前)到着!
山頂はこの山頂碑の裏に!

もちろんあそこまで行きます
でもどう登るかな?
確か夏ごろの写真だと右の方に行列が出来てたような・・・
とりあえず行ってみます

案外サクッと登れました
山頂を独り占め
天気も良いしたまらない
360度大パノラマ
安達太良山サイコー!!

山頂から降りてスキー場の方へ下山
さっき歩いてきた道もまた絶景!

下山中に現れたのは大量の樹氷!
これ昨日出来たのかな??
このまま成長して蔵王の樹氷みたいになるのかな?
んで、見とれていると
ズボッ
股下まで埋まりました・・・
油断大敵、道を踏み外したようです、いやもう道なんてどこにあるかわからないけどね、このあたり
ん~少し下がってもう少し上の方から回り込んだほうがいいのかな?
ちょっと引き返してっと
ひざあたりまで埋まるけど何とか歩けるな、こっちか
って感じで下山
もう少し慎重に進みましょう

樹氷の回廊
この少し手前でスキー場から来た登山者とすれ違いました
これからはトレースのある道をあるけます
いやーヨカッタ、無事帰れる

大分降りてきました
しかし、山頂のあれは・・・
まぁ乳首ですよね、コレは

この上の空は本当にほんとうの空でした
澄み切った青空は素晴らしかった!!

薬師岳
ロープウェイがやっている時期ならここまで簡単に来れます

薬師岳にある

その裏手からはスキー場とさらに下に広がる市街地を見ることが出来ます
ん~気持ち良い

本当に今日はよく晴れてくれました
東北の山はもしかして相性いいのかも

五葉松平
ん~ここはサクッと通り過ぎてしまいましょう

スキー場に出てきました
まだここは滑れそうにないですね

登山道はリフトの真下
このリフトはまだ稼働前のようです
まだ雪少なくてスキー出来ないし当然か

昨日通った分岐まで帰ってきました
あと少しで温泉だ!

くろがね小屋の温泉で凄く展望の良い露天風呂があるとの情報を取得
これはもう入っていくしかない
んで
中はというと・・・
いやーもう凄い開放感あふれる露天風呂でした
登山の疲れを癒すならここで間違いないでしょう!
あ、源泉はくろがね小屋と同じです

タクシーで旧ニコニコ共和国まで降りてきました
今年は昼のあだたら高原スキー場⇔岳温泉のシャトルバスが無いので仕方なくタクシー利用、お値段2050円也

最後はソースかつ丼ご飯大盛を食べて今年最後の登山はおしまいです


安達太良山
今年最後の登山だったけど計画自体は9月に立てました
くろがね小屋も9月に予約を入れました
もう晴れるかどうかを祈るだけの日々を今日まで過ごしてきました
結果としては遠征登山大成功!
東北の山との相性は良さそうです。
というかここまで良い天気になるとは思わなかった!
この山の紅葉はとても素晴らしいとの事
くろがね小屋の建て替えが終わったら今度は紅葉を見に来るのもありかもしれない
もちろん小屋に泊まって温泉は外せない


本日の装備 (○:使用 ×:使用しなかった)


エバーブレスアクロパンツ

コアノパンツ

アクティブスキンタイツ

アクティブスキン ロングスリーブ


メリノスピンサーモ ジップネック

ドラウトクロージャケット

エバーブレスアクロジャケット

メリノウール グローブライナー200


ロング カフ グローブ

アイスフォールゴアテックスグローブ

不明

メリノスピンバラクラ
×


SPD2サーモライト AS 660

グレイシャー

ピックスパイクプロテクション

クランポンバッグ


セラック プロ

トレースライン

Nepal Evo GTX

クロコゲイター
× ×


メリノスピンソックス EXP レギュラー

メリノウール・パイルソックス

ミュータント38

ワカンスタッフバッグ
×


山ケトル

EVO+カメラベルトホルダー

ステンレスサーモボトル 0.45L

コインワレット


AMBIT3 PEAK

TIKKA
×

水分:1L
食料:サンドイッチ1個+行動食のなごやん4個