雨が降る前に韓国岳へ!えびの高原から最短ルート (2019/06/02)

雨が降る前に韓国岳へ!えびの高原から最短ルート (2019/06/02)

天気予報を見ると明け方までは天気が持ちそうなので最短ルートで韓国岳だけ登ってきます。
えびの高原駐車場に車を停めて仮眠、朝日の出前に出発、日の出時刻に山頂付近に到着するように時間調整して登ります。
本当は大浪池と獅子戸岳を回って一旦下山してからさらに高千穂峰に行く予定だったけど天気悪いし今日帰らないといけないのに大雨になったら大変だし残念だけどこのプランは中止、またいつか必ず登ります、その時は新燃岳含めて縦走出来るようになってるといいな

ちなみにえびの高原レストセンターは休業中でいつ営業再開するかは不明との事
駐車場の利用は可です。

https://goo.gl/maps/p6zfMGht7o2xHa9M7
駐車場は1日500円前払い、トイレあり
夜中も開放されているので車中泊も可能、係員のいない時間に入ったときは出る時に精算します。

今回のルートはえびの高原からの最短ルート、大体往復で2時間半くらいのコースタイム、すごく短いルートのため登山やハイキングというよりもはや散歩
一部迂回路となっているため地図のルートとは少し違うルートになっています、若干コースタイムが長くなるのかな?
危険箇所は特に無し、歩きやすくよく整備された登山道、迂回路も歩きやすい
噴火情報は調べておく事



小林方面の道は硫黄山のすぐ近くを通るため閉鎖中のため来れません、えびの市街地や霧島方面は通行できます

登山口
まだ日が昇ってない時間に出発します、九州ってとんでもなく日の出遅いですね、先週と1時間以上違ってビックリ

しばらく舗装路を歩くと迂回路の案内、迂回路のほうが距離短くない??

夜のミヤマキリシマ、紫色にしか見えないけど綺麗なピンク色です

のえびの高原が見えてきたけどまだ暗いし良く見えない

迂回路と正規ルートが合流すると岩の多い登山道に
広いけど石多いし少し歩きにくくなった

夜明け前のえびの高原、眺望がある登山道はやっぱり良いもの

5合目到着、大体1時間くらい、ナイトハイクなので少し時間が掛かってます
奥に見えるのが韓国岳山頂、なんとか山頂から景色が見えそう

少し歩くともう7合目、さすが超ショートコース

大浪池の方は雲の中か、早く山頂行かないと飲み込まれるかなぁ?

1時間半ほどで山頂到着、9合目付近までは眺望あったけど山頂は何も見えず

でも昨日の開聞岳よりかはよく見える

下山しながらのミヤマキリシマ撮影タイム
山頂付近はまだ蕾も沢山、もう少ししたら満開か?

満開のミヤマキリシマ

どの株も綺麗に咲き誇ってます

この花を見るためにはるばる霧島まで来たってものです

えびの高原も雲が少し晴れて幻想的な風景に

登山道とミヤマキリシマ、いい感じ

途中にある案内図

その案内図からの景色はこんなカンジ

雲海に浮かぶ山は甑岳かな?

硫黄山、凄い煙と音
シュゴーーーーーーーーーー!!!!って音が響き渡ってる

道の両脇にミヤマキリシマ

硫黄山に多分一番近づけるポイント、雲海と噴煙がとても良い

帰りの迂回路はズルッズルにすべります

登ってるときは見えなかったけどこんなに咲いてたのか~

舗装路まで戻ってきた、少し前から雨が降ってきて視界も悪く

本当に近くしか見えなくなってきた、こんな天気になってもこれから登る人が結構います、最初からこんな天気だと自分は引き返しますね・・・

駐車場付近の遊歩道をぶらぶらと寄り道、ここ凄い綺麗です、ミヤマキリシマ超満開!

鹿までいました、目が合ってるときは逃げないけどカメラを構えた瞬間逃げ出しました

駐車場まで戻ってきたけどもう霧が凄い、晴れていたらここから霧島山がドーン!と見えるはずだけど

何も見えね~

とりあえず車に入って着替えましょう、雨具着込んだとはいえ湿度が高すぎて中までビショビショ、さすがに寒い
少し暖房をかけてタオルで拭いて風邪を引かないように、温泉が営業開始したら温泉に入りに行ってきます。
温泉は以前から入りたかった新湯温泉へ!前に来たときは噴火の影響で入れなかったので楽しみ♪
ということで今回の九州遠征は終了、もうちょっと楽しみたかったけど雨だし仕方ない、またいつか晴れた日に霧島にのぼりに来たいなぁ~

登山日:2019年6月2日
天気:雨時々曇り
装備:夏装備+水分500ml

本日の装備 (○:使用 ×:使用しなかった)


メンズストレッチO.D.パンツ

ストームクルーザーパンツ

クールロングスリーブT

ストームクルーザージャケット


シンプルトレッキンググローブ

シンプル ロゴ キャップ

P.F.630

メリノウール・パイルソックス


レラパック30

EVO+カメラベルトホルダー

TIKKA